おでこニキビの原因と治し方

おでこにニキビができる原因

 

顔を大きくゾーン分けをすると、TゾーンとUゾーンに分かれます。

 

おでこや鼻やTゾーンと呼ばれ、
頬や口元はUゾーンと呼ばれます。

 

一派的にUゾーンに比べるとTゾーンの方がニキビが出来やすく、
一度できると大量発生しやすいとも言われています。

 

原因1:皮脂

 

おでこニキビの原因の第一は、皮脂です。

 

TゾーンとUゾーンは、皮脂の分泌量が違い、
UゾーンよりもTゾーンの方が活発である、と言われているんです。

 

つまり、大量におでこニキビが発生する原因は、皮脂ということになります。

 

原因2:洗い残し・すすぎ残し

 

実は他にも原因があるんです。
それが、洗い残し・すすぎ残しです。

 

とくにおでこの場合には、
洗顔料やシャンプー剤、整髪料などが残ってしまいやすいのです。

 

洗い残し・すすぎ残しが原因で炎症が起きてしまい、
おでこニキビになることも多いのです。

 

おでこニキビの治し方

 

おでこニキビの原因が分かると、治し方がよくわかります。

 

おでこニキビの治し方

治し方1:皮脂を取り除く

一つは余分な皮脂は小まめに取り除くことです。

 

洗顔をし過ぎると必要な皮脂まで洗い流してしまう事になります。

 

そのため洗顔は一日に2〜3回程度に抑え、
あとはあぶらとり紙などで押さえて取るようにしましょう。

 

治し方2:十分にすすぐ

 

シャンプーや洗顔料はよくすすぎ、
整髪料もできるだけおでこに掛からないようにしましょう。

 

前髪をおでこにかからないようにすることも、おすすめですよ。

 

よくニキビはできてしまったら刺激しない方がいいから、
洗顔するときにはニキビを触らないようにしなければいけない、といわれます。

 

確かに、おでこニキビは刺激を与えると悪化しやすくなりますが、
洗顔を避けるというのは考え物です。

 

お肌を清潔に保つことは、
おでこニキビのケアや予防にとても効果的な治し方である、といえます。

 

汚れを落とし、余分な皮脂を落とすことは、
お肌を健康的に保つためにはとても重要ですよね。

 

洗顔をしないという選択は間違っており、洗顔はした方がいいんです。
が、注意すべきなのは洗顔方法です。

 

お肌に刺激を与えないということは、基本です。

 

そのため、洗顔をする時には、ゴシゴシとこすり洗いをすることなく、
優しく泡で包み込んで洗うことを心がけることが重要です。

 

洗顔料で刺激を感じる時には、
32度〜35度くらいのぬるま湯での洗顔を行ってみてください。

 

この温度は皮脂が溶け出す温度ですが、
肌にとって必要な皮脂は残しやすい温度なんです。

 

お肌を健康的に保つことで、
おでこニキビができにくいお肌を手に入れることが出来ます。

 

すでにできてしまったおでこニキビを治す、
というだけでは、後手後手なので不十分です。

 

おでこニキビが再発しにくい・トラブルを起こしにくいお肌にするためにも、
洗顔はしたほうが良いのです。